驚きの事実!便秘症の人の割合は三人に一人

驚きの事実!便秘症の人の割合は三人に一人

 

健康な体を維持するために必要なものとして、「良く食べ、よく眠り、よい排便をする」ということが挙げられます。
健康な体が壊れるということは、食欲がなく、睡眠に何らかの障害があることの他、便秘状態ということです。
便秘が健康に与える影響は大きいと言わざるを得ません。
東洋医学では、「全ての病気の原因が便秘だ」と言われているし、ヨーロッパでも「全ての病気の原因は排泄障害である」という学者もいるほど、便秘が体に与える影響が大きいとされています。
大国アメリカにおける下剤の消費量は年間約一千億円と言われており、アメリカでは「便秘の時代」と言われています。
私たちの住む日本においても、三人に一人は便秘症という報告もあります。そのなかでも女性が便秘であるという割合は高く、多くの女性が、便秘はどうすれば解消されるのかという回答を熱望している状況です。

 

自分が便秘かどうかの指標

便秘と思っていなくても、実際は便秘症の方も、実際には多くいるようです。
自分が便秘かどうかということを分からない方も多いです。
便秘の定義を述べるとすると、「腸の機能が正常ではない」ということになります。
その定義からすると、三日以上排便が無い場合や、排便が毎日あったとしてもお腹に不快感があることや、「あ〜便がでて、すっきりした」と感じられずに、「どうも、もう少し便が出そうなのだけれど・・・」といった具合にモヤモヤ感がともなうような場合も「便秘」と考えられます。

 

女性の天敵!なぜ女性の多くが便秘に苦しむのか

トイレを我慢した結果の便秘

家ではいつでもトイレに行けますが、一歩外に出ると、トイレに行きたくてもトイレが無いことや、職場で排便をすることが恥ずかしいなど、トイレを我慢してしまう傾向が強い人には、便秘になることが多いようです。
これは脳への排泄感覚の信号レベルが低下して、排便がしたいという感覚がなくなっていくからです。
腸内に便が溜まっている状態が続くことで、その結果水分が抜けて小さくなり、排便が難しくなっていきます。

 

偏った食事や過度のダイエット

蠕動運動という言葉は聞いたことがあるでしょうか。食道から直腸まで、臓器の収縮運動を用いて内容物を移動させる運動を言うのですが、これは水分や食物をとることや運動をすることで活発になります。
偏食やダイエットで食物の摂取量が少ないと、蠕動運動の働きが悪くなるのです。

 

ストレス

ストレスも多くの病気を引き起こす要因の一つですが、脳と腸は密接な関係があります。脳にストレスがかかると、内臓に関係のある自律神経が乱れて、腸に影響を与えます。

 

加齢によるもの

加齢による運動不足によって蠕動運動や腹筋が弱まることが原因となります。
また高齢化に伴って服薬する機会が多い糖尿病や高血圧、痔の薬の副作用として便秘になることも多いです。

 

生理・妊娠が原因の便秘

生理前後や妊娠中は、変化するホルモンの分泌が影響して便秘となります。


このページの先頭へ戻る