乳酸菌の整腸作用

乳酸菌の整腸作用

「ヨーグルト摂取すると便秘が改善される」というのは多くの人がご存知の効果だと言えます。
それではどうしてヨーグルトを摂取すると便秘が改善されるのでしょう。
一般的に人の腸には排便作用に欠かすことが出来ない善玉菌が1割程度、便秘の原因となる悪玉菌が1割程度存在します。そして残りの8割程は日和見菌と呼ばれる菌だと言えます。
日和見菌というのは言葉の通り通常は害がないのですが、名前から分かるように腸に善玉菌が増加すれば善玉菌になり、
悪玉菌が増加すれば悪玉菌へと変化する特徴があります。

 

健康な人の腸内環境は善玉菌が多い状況で酸性の状態です。
そして酸性だと悪玉菌の働きを抑制する効果があるので腸を清潔な状態に保つことが可能です。
しかし便秘になり腸内環境が悪化したら悪玉菌が増加します。そして腸内はアルカリ性となって日和見菌も悪玉化するので腸内環境はさらに悪化するといった悪循環に陥ってしまいます。
アルカリ性の腸内においては、腐敗物が蓄積されやすいから、それが便秘の原因となり、さらに便、おならの臭いが強くなってしまいます。
便秘を改善し健康な腸を維持する為にはどれだけ善玉菌を増加し腸内を酸性で維持するかが重要であると言うことが出来ます。
ヨーグルトを摂取し善玉菌の乳酸菌を沢山増やせば腸内の善玉菌の割合が増加します。
そして善玉菌が増加すれば日和見菌も善玉菌となるので、腸の蠕動運動が活発となり便秘が改善されます。

 

《女性、高齢者は注意して欲しい》

 

周囲を見ると便秘で悩んでいる人というのは男性と比較し女性の方が多いと言うことが出来ます。その理由は女性の方が腸が長い人が多いので男性より便秘になりやすいのです。

 

あと腹筋、横隔膜の力が女性の方が弱いから腸の筋肉も薄く、そのことが便秘の原因となっています。だから運動不足の人、高齢者も便秘の人が多いと言えます。

 

要するに女性、高齢者は便秘になりやすいから日常的に腸内環境を整える必要があり、そうすることで便秘予防を行うことが出来ます。
便秘にならない為には普段からヨーグルトを沢山食べるように心がけるといいでしょう。
便秘が改善されてもヨーグルトを食べるものをストップすると数週間程で効果を失ってしまいます。だから可能な限り毎日ヨーグルトを摂取する習慣をつけて下さい。

 


このページの先頭へ戻る