便秘を改善する薬の効用と副作用について

便秘を改善する薬の効用と副作用について

腸に働きかける薬、便質を良好にする薬

 

便秘の際に服用する薬は、下剤として扱われるものが多いです。
一番多く利用されているのは、大腸に働きかけて便を体内から追い出す薬であります。
また、このような薬にはアントラキノンと呼ばれる成分が最も多く含まれていて、私たちが市販で購入する薬もアントラキノン茶を含むものやアントラキノンが含まれている薬が最も多く使用されているのです。
ただ、この薬を短期間の間のみ使用する分には優れた薬であることからも問題ありませんが、慢性的に便秘である方が使用し続けることによって、逆に薬がないと排便が起きにくくなってしまうと言われています。

 

また、これのみならず、アントラキノンを摂り続けることで、大腸メラノーシス(大腸黒皮症とも言います)と呼ばれる副作用が起きる危険性もあるのです。
大腸メラノーシスというのは、大腸の粘膜の部分が黒色に変化するものであり、痛い等といった症状が起きるわけではありませんが、このような変化を起きている部分は機能が衰えることで、便秘が起きやすくなってしまいます。
下剤に分類されるものとしては、上記で挙げた以外にも便そのものを排出しやすくする作用がある塩類下剤、膨張性下剤が存在し、こちらは、溜まっている便に含まれる水分を多くすることで外へ出しやすくするものです。
市販されているこのような薬には、塩化マグネシウム、酸化マグネシウムが主な成分となっています。
便秘の薬はどれも同じではないので、きちんと成分を確認の上、腸の働きを壊さないようなものを選択するようにしましょう。

 

天然のハーブが成分となっているものは良くないのか?

 

刺激作用がある薬と同一の成分である

 

天然のハーブであれば、人体に害があるはずはない、このように考え、サプリメントや薬を選択される方も多く存在するでしょう。
今回の便秘を治す薬にも天然のハーブ(センナ・アロエ・ダイオウ)を原料となっているものが存在し、このように薬で使用される場合は生薬と称されます。
ところが、そんな生薬といえども、私たちの体に害がないとは限りません。
そのような例としては、漢方薬に使用されている附子と呼ばれる生薬があるのですが、簡単に言ってしまえばこれはトリカブトであり、ご存知の通り、強力な毒であります。
この毒を体に入れても私たちが平気なのは、漢方薬自体がたくさんの生薬を混ぜることで、効き目の均衡が保たれているからです。
また、このようなセンナ、アロエ等が主な成分となっている薬の中にも先ほどのアントラキノンが含まれていることがありますので、主な成分が天然のハーブであっても油断してはいけません。
そして、胃腸が弱いと感じている方であれば、今回ご紹介した薬を服用するよりも、乳酸菌などの腸内環境の改善を得意とした薬、サプリメントを服用した方が賢明かと思われます。

 

やせることに特化した薬は存在するのか?

 

自分に合った漢方薬を選ぶ

 

自分の体質を考慮した上で選ぶことでやせることができる

 

肥満であり、さらに便秘をしやすいという方も多くいらっしゃるでしょう。
最初からふっくらしている方であれば、肥満が原因で便秘となっていると思われるかもしれませんが、これは誤りであり、肥満が便秘に繋がるわけではありません。
つまり、便秘は誰にでも起こりうるものなのです。

 

ですが、反対に便秘が長期間続くことで、体重が増えやすくなることは考えられます。
これは、便秘により新陳代謝に悪影響を与え、脂肪が蓄積しやすくなるためです。
たまに、自分の体型が気になっている方で、やせられる薬を探される方がいらっしゃいますが、実はそのことよりも腸の方に気を使い便秘を治すことに専念する方が重要と言えます。
しかし、肥満となっている原因が便秘でなければ、やせることもあるでしょう。
このように漢方薬は西洋薬とは異なり、便秘だけに効き目があるわけではないので、使用する人々の体質に応じて調子の悪い部分を改善しつつ、健康な体を作り上げていくものなのです。
ですから、漢方薬を上手に取り入れることで肥満、便秘のみならず、その他の悪い部分も治してくれることでしょう。
漢方薬の1つに”妨風通聖散”と呼ばれるものがあり、これは比較的若い方を対象として、便秘、肥満を改善するために使用されるものですが、これらの症状の他にも、肩こり、高血圧を改善するともいわれています。
本来、漢方薬というものは、自分の体質や悪い部分を熟知した上で選択するものであるので、全ての方に最適な漢方薬は存在しないのです。
漢方薬に興味がある方は、東洋医学を専門としている医師、あるいは漢方薬を取り扱っている薬剤師の方と一度お話してみるとよいかもしれません。

 

 


このページの先頭へ戻る