花粉症で悩む人が増えています

花粉症で悩む人が増えています

花粉症は、アレルギー症状の中でも多くの人が悩んでいるとされています。スギやヒノキの花粉で悩んでいる人は
年々増加していて、子供にも増えています。
今まで花粉で悩んだことが無かった人も、いつかかるかわからないのが花粉症です。花粉症で苦しんでいる人を
見るとかかりたくないと思う事でしょう。
花粉症で悩んでいる患者さんは、およそ2500万人いるとされています。それ以外の通年を通したアレルギー性鼻炎に
悩んでいる人は1500万人ほどとされています。
これらのアレルギー症状を緩和、またアレルギーにかからないために予防できるものとして乳酸菌が注目されています。

 

乳酸菌がアレルギーに効く理由

ではどうして乳酸菌がアレルギーを緩和させる、予防するのに役立つと言われているのでしょうか。
その理由は、アレルギーを起こしにくくするための抗体を体内で増やすことができるのが乳酸菌だからです。
アレルギーになってしまう人は、lga抗体という抗体が少ないと言われています。
この抗体がしっかりとある場合は、アレルギー物質をしっかりと捕まえてくれるのですが、少ないとキャッチしきれずにアレルギー症状が出てしまいます。
乳酸菌を摂取していればlga抗体を増やせますので、アレルギー物質を捕まえることができ症状が緩和するのです。

 

花粉症になってしまう物質

アレルギー症状を引き起こしてしまう物質があります。それがlgE抗体です。lgE抗体が花粉などの異物とくっついてしまうことでアレルギーが発症されることが分かっていますので、lgE抗体が増えないようにしなければいけません。
乳酸菌は、lgE抗体が増えないようにする働きも併せ持っていますので、乳酸菌を摂取すれば、花粉症を予防することも可能となるのです。

 

花粉症でもスギだけに反応する人もいますし、ヒノキだけに反応する人もいます。どちらも反応してしまう人もいます。
花粉症を改善させたい人は、まず乳酸菌を摂取してみてください。
そして症状を和らげていけるように生活習慣の見直しなども同時に行いましょう。


このページの先頭へ戻る